Menu

税の知識・事例紹介

事例292   法人税法上の役員報酬の日割りによる費用計上の可否について (法人税)

Q

  弊社(3月決算)は、一般従業員に対して毎月20日締25日払で給与を支給しており、決算期である3月には、21日~31日分の給与を日割りして未払費用を計上しています。取締役や監査役に対する毎月分の報酬についても、同期間分を日割りによって費用計上することは可能ですか?

A.

 株式会社の取締役・監査役と会社の法律関係は、会社法上、民法の委任の規定に従う旨が記載されていて(会社法330条)、受任者は、委任事務を履行した後でなければ委任者に対して報酬を請求することができないとされています(民法648条2項)。月ごとに役員報酬を支払う場合は、毎月の計算期間が満了する都度、債務が発生すると考えられるので、役員報酬を日割りして費用計上することは認められません。
 なお、一般従業員と会社の法律関係は雇用関係であり、1日でも労務の提供があれば、会社は一般従業員に給与を支給することになりますので、日割計上が認められます。

(H.H 平成28年10月掲載)